わたしと単発派遣

ハケンメモ管理人、宮島ムーと申します。
結婚してから子どもが生まれるまでの間、
京都や滋賀で単発派遣のお仕事を数十回経験してきました。

現在はライター・ブロガーとして文章を書いています。
宮島ムーのブログ一覧とプロフィール

この記事では自己紹介として、わたしが単発派遣をはじめたきっかけや、
単発派遣について思うことをご紹介します。

単発派遣をはじめたきっかけ

わたしは結婚と同時に転居することになり、勤めていた正社員の仕事を辞めました。
専業主婦に憧れていたので、仕事を辞めることには抵抗がありませんでした。

最初のうちはばたばたしていたものの、慣れてくると暇な時間が増えてきました。
友達がいなくて孤独だったので、お小遣い稼ぎのためにも働きに出ようと思いました。

子どもはすぐにでも欲しいと思っていたので、単発や短期の仕事を探しました。
まずはアルバイトやパートの情報誌を見ていましたが、あまりいい仕事がありません。
ネットで検索して、たまたま見つけた単発の仕事が派遣の仕事でした。

派遣会社に登録

わたしはそれまで派遣で働いた経験がなく、アルバイトとの違いもわかっていませんでした。
いろいろ調べていくうちに、派遣会社に登録しなければならないことがわかりました。

「ちょっと面倒くさそうだなー」と思ったものの、登録しないことには始まりません。
最初にキャリアパワーに登録しました。
これがわたしの派遣社員への第一歩です。

単発派遣の経験

派遣会社はいくつも登録していいということがわかり、
結果的に10社の派遣会社に登録することになりました。

子どもが生まれるまで4年かかったので、
いろんな派遣の仕事を経験することができました。

派遣社員とはいえちょっとした業界の裏側も知ることができて、
有意義な時間を過ごしたと思います。

いろいろな職場に行くことができた

わたしは滋賀県大津市に住んでいるので、
滋賀から京都が主なお仕事範囲でした。

都会と比べるとお仕事は少なかったと思いますが、
いろんなお仕事をすることができました。

ひとつの職場でじっくり働きたいという人もいれば、
あちこちの職場に行ってみたいと思う人もいるでしょう。
わたしは特に飽きっぽいので、単発派遣が向いていたと思います。

単発派遣の年収

2011年には精力的に単発派遣に入っていて、年収は69万円でした。
数えてみたら365日中、ちょうど100日が出勤日でした。
週2のパートと考えると妥当なところではないでしょうか。

給与収入で103万円いかないので税金はかかりませんし、
年金や健康保険は主人の扶養に入っているので払う必要はありません。

ただし、ほとんどのお仕事で交通費が支給されないので、
かかった交通費を引くと手取り60万円程度になるかもしれません。

スケジュールは不定期で、1ヶ月フルタイムで働いていたこともあれば、
3週間お休みだったこともあります。
気ままな働き方ができるのが単発派遣の強みですね。

単発派遣体験談をお伝えします!

当サイト「ハケンメモ」では単発のお仕事体験談や派遣会社のクチコミなど、
自分の経験をもとにした記事を書いていきます。

ネットには長期派遣のサイトが多く、単発派遣の体験談はあまり出てこないので、
単発派遣を専門にやっていたわたしの体験が活きるのではないかと思いました。

ただし、わたしが単発派遣をしていたのは2010年~2012年頃なので、
情報が古くなっている可能性があります。
あくまで個人による過去の体験談としてお読みください。

わたしの体験談を書くことで少しでもお役に立てたらうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

ハケンメモ管理人☆ハケンメモトップページへ☆
滋賀県大津市に住んでいます。滋賀、京都、大阪で短期や単発の派遣を主にやってきました。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)

【PR】リクナビ派遣がおすすめ!

お仕事探しはリクナビ派遣がおすすめです。
単発・短期のお仕事も豊富に載っているので、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

シェア大歓迎です!