やりたくない電話応対のお仕事

電話応対のお仕事に苦手意識を持つ人は少なくないでしょう。
わたしもそのひとりです。

単発派遣をやる前にも事務職をしていたので、
電話応対ができるかできないかといえばできます。
でも、できることならやりたくないというのが本音です。

電話応対は社会人の基本?

社会人経験の中で一番重要な経験が電話応対ではないでしょうか。
ビジネスマナーの基本ともいうべきスキルですが、一筋縄ではいかないものです。

OL時代に身につけた電話対応

わたしが新卒で入ったのは、お客様からの電話がよくかかってくる職場でした。
電話が苦手とは言っていられなくて、がんばって電話に慣れていきました。

クレーム対応ではないものの、中には怒っている人もいます。
そんなときには火に油を注がないよう淡々と対応し、上の人に替わっていました。

単発派遣でも電話の仕事がある

単発派遣でもダイレクトメールを送った相手に電話をかけたり、
お客さんからの問い合わせの電話を受けたり、電話のやり取りが主体となる、
いわゆるテレオペのお仕事が出ています。

わたしのところにもときどき派遣会社から打診がありました。
「電話応対は苦手なので」と正直に言って断っていました。

別の単発派遣で会った人は、
「テレオペやったことあるけどすごく楽しかったよ」と言っていました。
その人だから楽しかったのか、意外にテレオペの仕事は楽しいものなのか、
わたしはやったことがないのでわかりません。

どこまでなら電話OK?

派遣会社によっては登録の段階で
「電話を使う仕事を紹介してもいいか」
と聞かれることがあります。

選択肢は

  • 全部NG
  • 取次ぎ程度ならOK
  • 簡単な問い合わせまでOK
  • テレオペもOK

という具合です。

取次ぎ程度も難しい

わたしは取次ぎ程度ならOKにしていました。
しかし、取次ぎも意外と奥が深いんですよね。

まずは電話を取る時の名称を覚えなくてはなりません。
「A株式会社 B室です」という部分です。
会社によっては名前まで名乗るのが必須です。

無事に電話を取ることができても、
部署にいる全員の名前を覚えているわけではありませんから、
「Cさんいますか?」と聞かれてすぐには答えられません。

取次ぐ相手が特定できたとしても、
どこを押せば保留になるのかわからず、戸惑います。

電話番を任されることも

単発派遣で電話を取ることはあまりありません。
ごくまれに「『会議中なので後でかけてください』って言っといて」と、
電話番を頼まれることがありました。

そうは言ってもうまく対応できる自信がありません。
みんなが部屋から出て行った後は、
「電話が鳴りませんように」と心の中で祈っていました。

電話にまったく抵抗がないという人はうらやましいです。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

ハケンメモ管理人☆ハケンメモトップページへ☆
滋賀県大津市に住んでいます。滋賀、京都、大阪で短期や単発の派遣を主にやってきました。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)

【PR】リクナビ派遣がおすすめ!

お仕事探しはリクナビ派遣がおすすめです。
単発・短期のお仕事も豊富に載っているので、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

シェア大歓迎です!